デリケートゾーン におい 対策

デリケートゾーンのにおい対策を強化し、悩みを解消しましょう。
MENU

性病によって起きる臭い

女性にとって、自分のデリケートゾーンからニオイが出る、というのは
とてもつらく、大変なトラブルだと思います。

 

そして、ニオイの原因が雑菌、蒸れ、汗などならまだ大丈夫で
それほど気にする必要もありません。

 

しかし、もしかしたらそのニオイは、性病にかかった可能性があります。

 

性病検査をする前に

強いニオイは体から何らかの異常を示していると考えられます。
デリケートゾーンも同じように、何らかの問題が発生していると考えられますので
一番の原因として考えられる、性病を検査するのが最も確実な方法になります。

 

しかし、性病検査は言うまでもなく、お医者さんなどにデリケートゾーンを見せる必要があるので、とても勇気がいると思います。
しかもニオイがきついから性病を疑い、検査にきているわけなので、それを他人に思いっきり嗅がせるのは
筆舌に尽くしがたい思いなはずです。

 

ですので、ここで自分でできるセルフチェックについて、ご紹介いたします。

 

性病のセルフチェック

性病にもさまざまな種類があります。
重篤なもの、危険なものは直ちに病院に行って手術などの治療が必要になりますし
身近なものだと自分で確かめられて、治せるものもいくつか存在します。

 

身近な性病の代表的なのが、淋病やクラミジア、カンジダなどです。
これらにはセルフチェックができるキットが販売されており、とても高い人気をほこります。

 

専用キットで性病をセルフチェックする

送る機関、キットの購入先などによって手順が異なることもありますが、基本的にはやることは同じです。
キットに入っている試験管に、膣口付近の分泌物を取り入れて郵送するというものです。

 

すると試験管に入れた分泌物に入っている細菌を検査し、何らかの感染症にかかっていないかをチェックするのです。
費用も機関によってばらつきがありますが、大体7000円から1万円ぐらいで収まります。

 

医療機関でやるのと比べると若干割高ですが、郵送の手間や、自宅でできることを考えるとお得だと思います。

 

郵送すると、大体1週間ぐらいで再び帰ってくるか、電話、メールなどで連絡を受けられます。
心当たりがあるなら、是非ともやってみてください。

 

もし、万が一性病になっていると診断されても、心配しないでください。

 

もし自分が何らかの性病だったら

例えば、風邪などは熱いお風呂に入って汗をかけば直るとか、市販の薬を飲めば直る
ということが多いと思いますが、性病ではそうはいきません。

 

なぜなら、細菌による感染がほとんどなので、すぐにでも病院に行って「抗生物質」などの
特効薬をもらう必要があるのです。

 

デリケートゾーンのニオイは性病などのサインになりやすいのは確かにその通りですが
性病だとニオイと同時に他のトラブルも起こるものです。

 

例えば痛みや出血、おりものの様子の違いなど、ニオイだけではない目に見えて分かるものもあります。
それらがとても分かりやすく現れるのが性病ですので、当てはまらないなら、あまり気にしなくても大丈夫かもしれません。

 

反対に、もしそれらの異常があるならすぐにセルフチェックをしたり
医療機関に行って検査してもらいましょう。

 

このページの先頭へ