デリケートゾーン におい 対策

デリケートゾーンのにおい対策を強化し、悩みを解消しましょう。
MENU

「弱酸性」と「弱アルカリ性」のどちらを使うべきなの?

デリケートゾーンは何で洗えばいいの?という疑問を持つ人が多いようです。
普通にはデリケートゾーンは低刺激の石鹸で洗うのが良いとされています。

 

石鹸の合成界面活性剤は粘膜へのリスクがある

泡立ちたっぷりの石鹸やボディソープは使い心地が良いので心配はないと思いがちです。
ところが泡立ちが良いのは界面活性剤が強いことです。
したがって洗浄力が強いのですが、汚れを吸着する方法で洗い流す界面活性剤には
天然成分や化学合成など、さまざまな種類があります。

 

洗浄力の高い合成界面活性剤は確かに汚れを落とすパワーがありますが、
強すぎると皮膚に必要な成分まで落としてしまうリスクがあります。
それが粘膜には刺激になり負担になります。

 

 

「弱酸性」と「弱アルカリ性」ではどちらが良いか

デリケートゾーンを洗う際に使用する石鹸やボディソープは、
不要な雑菌と汚れを落としながらも粘膜に刺激や負担を与えないものを使いましょう。
「弱酸性」と「弱アルカリ性」の違いも重要なポイントになります。
肌にやさしい弱酸性は、皮膚や粘膜が弱酸性なので親和性が高く、肌に負担をかけません。

 

 

「弱酸性」も「弱アルカリ性」も洗い方次第

弱酸性の商品には合成界面活性剤が使われることが多いので、
商品を選ぶ時に間違えると粘膜に負担をかけますから注意してください。
石鹸は製造工程の関係で弱アルカリ性のものが多く、
弱アルカリ性の石鹸やボディソープは弱酸性の皮膚の汚れを落としやすくなりますが、
洗い過ぎると逆に肌に刺激や負担を与えます。

 

デリケートゾーンのアポクリン汗腺からの臭いを消すのには皮脂や汗をきちんと落とすことが重要ですから、
弱アルカリ性のものを使う時は、皮膚に刺激をあたえないように
こすらないでやさしく洗いましょう。顎 ニキビ しこり

 

このページの先頭へ