デリケートゾーン におい 対策

デリケートゾーンのにおい対策を強化し、悩みを解消しましょう。
MENU

デリケートゾーンのかゆみの元をなくす方法

デリケートゾーンのトラブルが気になる人は多いと思いますが、たとえ悩んでいても
他の人に話をするのは恥ずかしく、躊躇してしまうのではないでしょうか。
しかしそのトラブルは実はお医者さんの診断を受けるほどの大ごとではなく、
人間だれでもかく汗、そこからくる湿気のこもり、おりもの、
そして生理用品が原因の肌荒れなどから発生することなので、
基本的には自分で対策を取ることはできるのです。
ここではその対策の方法を見ていきましょう。

 

 

もともと肌荒れしやすい方やデリケート肌の方、ストレスを感じている方

日々の生活の中で疲労が取れない時、強いストレスを感じている時に特に
よく肌トラブルが発生するとお困りの方もいると思いますが、
それはそのような時は体の自然治癒力が普段ほどなくなってしまうために
起こることなのです。そして妊婦の方、他の病気で抗生物質を摂っている方や糖尿病の方もトラブルを感じやすいです。

 

他には、更年期でホルモンの均衡が崩れてしまうことも
体温があがってデリケートゾーンがかゆくなるきっかけとなります。
もともと肌荒れしやすい方やデリケート肌の方も肌トラブルを感じやすいでしょう。

 

 

湿気がこもりやすいデリケートゾーン

また、デリケートゾーンの環境は湿気がこもった状態になりがちですが、
下着やタイツなどで風通しがよくないために起こることです。

 

 

生理の時の注意点

ただでさえ湿気がこもりやすいデリケートゾーンですが、生理の際は生理用品を
こまめに交換しないと菌が増えて、トラブルの元になります。
トイレに行った時にはビデなどでデリケートゾーンをきれいに保ち、経血が少ない時でも
生理用品はちゃんと交換することが対策となります。

 

 

疲れている時はカンジタ菌に注意

女の人のデリケートゾーンに自然にいつも存在している菌に、カンジタ菌があります。
しかし、カッテージチーズ状のおりものがある方は、膣カンジタの可能性があります。
それはカンジタ菌が増えてしまったために起こることなのですが、
体の抵抗力が弱まっている時、つまり、体調が悪い時、疲れが溜まっている時、
強いストレスを感じている時になりやすいものです。
膣カンジタには塗り薬がありますが、
体調を整えてデリケートゾーンをきれいにすることが対策となります。

 

 

ほかの感染病の場合には

しかしただかゆいというだけでなく、痛みを伴う時には、病気の可能性があります。
考えられるものは、トリコモナス膣炎、尖圭コンジローマ、感染性外陰炎です。
これらは病気で、発生源はトリコモナス原虫、パピローマウィルス、ブドウ球菌や大腸菌
ですが、このような異変を感じる時には躊躇せず病院へ行き、受診しましょう。

 

このページの先頭へ