デリケートゾーン におい 対策

デリケートゾーンのにおい対策を強化し、悩みを解消しましょう。
MENU

デリケートゾーンに使うせっけんはきちんと選ぶ

固形せっけんや、体を洗う液体状のせっけんには、
弱アルカリ性と、弱酸性の二種類のタイプがあることはご存知でしょうか。
肌に刺激を与えないよう、やさしく丁寧に洗うことは前提として、
デリケートゾーンにはどちらのタイプのせっけんを使うかということはとても大切なことです。
使用するタイプによって肌に与える影響が違ってくるからです。

 

デリケートゾーンの肌は刺激を受けやすい

せっけんで洗うだけでもデリケートゾーンは含有物から刺激を受けやすいのはなぜか、
それは肌が薄く敏感であるためです。

 

弱アルカリ性と、弱酸性、肌にやさしいのはどっち?

まず、肌は弱酸性でできています。
そのため、成分と肌がけんかし合わず、刺激が少ないのが弱酸性のせっけんです。
とはいえ多くの弱酸性のせっけんには化合物の界面活性剤が入っている場合が多いため、
弱酸性のせっけんであっても、注意深くチェックして、慎重に選んだ方が良いでしょう。

 

逆に、弱アルカリ性のせっけんは、弱酸性である肌の垢をよく洗い流してくれるのですが、
洗浄しすぎると肌には強すぎるという欠点があります。
市場で販売されているせっけんは、せっけんを作る行程の関係で
弱酸性のものより弱アルカリ性のものの方が一般的です。

 

このように、洗浄効果がありながらも肌にやさしいせっけんを選ぶためには、
せっけんの成分が弱アルカリ性か弱酸性か、
界面活性剤は含まれているかどうかというチェックをすることが必要でしょう。

 

 

肌への刺激が強い合成の界面活性剤

化学的な合成界面活性剤は、よく泡が立って汚れをよく落としてくれるせっけんに
含まれていることが多いです。洗う力が強いぶん、余分なものまで
洗ってしまうことになるので実は肌を傷める原因にもなります。

 

 

せっけんに含まれる添加物にご用心

上で述べたように、添加物である合成界面活性剤配合の固形せっけんや液体せっけんは、
皮膚を傷めることに繋がる場合があります。
また、きれいにし過ぎてしまうために肌に必要な善玉菌をも奪ってしまうので、
その結果悪玉菌を増やすことになり、ニオイを発生させてしまう可能性があります。

 

 

デリケートゾーンは丁寧にそっと洗いましょう

アポクリン汗腺がたくさんあるデリケートゾーンは、
汗や皮脂をそのままにすると菌が繁殖してニオイを発生させることになるため、
この元をちゃんと洗浄しなければなりません。

 

しかし刺激が強すぎる洗い方をすると、デリケートゾーンにはなくてはならない
善玉菌まで洗浄してしまうことになるため、弱アルカリ性のせっけんで洗う時は、
脇汗と同じように丁寧にそっと洗うことを意識することが大切でしょう。

 

このページの先頭へ