デリケートゾーンのにおい対策を強化しよう

デリケートゾーンのにおい対策を強化し、悩みを解消しましょう。
MENU

デリケートゾーンのにおい対策のポイント

普段から毎日シャワーやお風呂できちんと優しく洗っていれば、
基本的にデリケートゾーンのにおいはしないものです。
デリケートゾーンのにおいが気になり、悩む原因の多くは、正しいケアをしていないからです。
ここでデリケートゾーンの正しいケア方法を見ることにしましょう。

 

優しいケアがポイント

まず洗う時ですが、まさかナイロンタオルと石鹸を使ってはいないでしょうね。
もしそうならそれが原因とも言えます。
デリケートゾーンは皮膚というよりは粘膜ですから、それが刺激されると、
痒みがでたりカンジダという女性特有の病気になり、においがひどくなります。
洗うことは清潔にすることですから必要なのですが、優しくケアをして粘膜を刺激しないようにしなければなりません。

 

 

ほかのケアも大切

デリケートゾーン特有のにおい対策には、常に清潔にしておくことは当然ですが、
汗をかいてショーツの中が蒸れたりするとにおいの原因となる雑菌が繁殖します。
それを防ぐには優しく汗を拭きとり、保湿剤を使うことです。
さらに特有の分泌物が過剰にならないように動物性脂肪の摂り過ぎには注意しましょう。

 

まとめると、清潔にするために洗う時に石鹸類はなるべく使わないで、
優しく丁寧にお湯と指の腹であらうことやナプキンはこまめに取り換えること、
そして脂肪分の摂取を控えめにすることなどが、デリケートゾーンにおい対策です。

多くの方が悩むデリケートゾーン

人の肌は多かれ少なかれにおいを持っていますが、良い香りの体臭と不快で嫌な体臭があります。

 

人には誰でも体臭はありますが、脇下やデリケートゾーンのにおい
ひどくなるとそれが周囲ににおうのではないかと気になります。
特に日本人はニオイの敏感だと言われていますからなおさらです。

 

脇下やデリケートゾーンのにおいが気になる人は、今までに市販の制汗剤を使ったりもしているようですが、
それでは使ってもすぐに脇下が臭うとか、ズボンを脱いだら異臭がするという人が多いのが現状です。

 

 

どうしてデリケートゾーンや脇下から嫌なにおいが出るかは、
主に体内にあるアポクリン汗腺がこれらの部分に集中しているからで、
この汗腺がない手のひらなどはたとえ汗をかいても異臭はしません。

 

臭い原因にはいろいろありますが、主な原因は、アポクリン汗腺から出る汗が
雑菌のエサになり、それでデリケートゾーンから嫌なにおいがでたりします。

 

 

また、粘膜である膣にいる善玉菌が石鹸で洗い流されてしまい、
粘膜が弱酸性を保てないということがあります。
現実としてはこのような原因を追究するよりも改善するほうが前向きと言えます。

 

 

多くの女性が持つ悩みには、肌の黒ずみ、デリケートゾーンや脇下から発する独特のにおい、そして肌の黒ずみがあります。
調査をしたところ対象の女性のおよそ87%、つまり約9割が黒ずみもしくはにおいの悩みがあるそうです。

 

これだけ多くのが、デリケートゾーンに関する悩みを持っているということです。

このページの先頭へ